敏感肌さんに朗報!乾燥やかゆみを防ぐボディソープおすすめはコレ!

敏感肌 かゆみ ボディソープ

「肌が弱く何を使っても乾燥して荒れてしまう」、「肌に良いボディーソープがわからない」とお悩みのあなたにどうしてもお伝えしたいことがあります。

肌の乾燥やトラブルには原因があり、対処法があるのです。肌トラブルを改善するためには、改善する為に作られた専用のボディーソープを使用する必要があります。

ご紹介するボディーソープは、研究に研究を重ね、肌トラブルを起こしやすい方の為に作られた商品です。肌トラブルに悩ませ続けられたあなたの人生を変える手助けになること間違いなしです。

Contents

敏感肌に悩む方のためのボディソープ「セタフィルレストラダーム ボディウォッシュ」

敏感肌 セタフィル

セタフィルという美容ブランドをご存じでしょうか。セタフィルは、1947年にアメリカのテキサスで開発された商品が起源となったブランドで、創業以来、世界各国の方々から信頼を得て、現在においても愛され続けています。

肌に優しい商品を利用者にお届けしたいという思いから開発されたのが「セタフィルレストラダーム ボディウォッシュ」です。この商品がどのようなものなのか、ご説明します。

セタフィルレストラダームの特徴

セタフィルの商品は、乾燥肌や敏感な肌に潤いを与え、肌のバリア機能をサポートする働きがあります。中でも、本製品「セタフィルレストラダーム ボディウォッシュ」は、アトピー性肌の方を対象として作られた商品です。

本製品の特徴としては、「フィラグリン分解産物」が配合されていることです。他のセタフィル商品には、この「フィラグリン分解産物」は含まれていません。

では一体、「フィラグリン分解産物」とはどのようなものなのでしょか。フィラグリンとは、皮膚の外側にある角層の細胞を作るたんぱく質で、皮膚の保護や、新生成に大きく影響しています。

このフィラグリンが不足すると、皮膚のバリア機能が十分に発揮されなくなり、アトピー性肌を引き起こします。

「セタフィルレストラダーム ボディウォッシュ」は、このフィラグリンの不足を補うことでアトピー性肌の改善を図ります。

セタフィルレストラダームの洗いあがり

「セタフィルレストラダーム ボディウォッシュ」の洗いあがりは、独自の成分配合により、柔らかく滑らかな肌へと導きます。洗いあがりの肌に潤いを与え、ターンオーバーを促進させます。

セタフィルレストラダームの香り

「セタフィルレストラダーム ボディウォッシュ」の香りは無香料です。

肌に必要のない成分やかゆみの原因となる因子を排除して作られている為、低刺激性であるのも特徴の1つです。

セタフィルレストラダームの内容量

「セタフィルレストラダーム ボディウォッシュ」の内容量は295mlです。

一般的なボディウォッシュは400mlである為、ややコンパクトなサイズとなっています。

セタフィルレストラダームの成分

成分
水、シア脂、トリデセス硫酸Na、ヒマワリ種子油、グリセリン、ラウロアンホ酢酸Na、塩化Na、コカミドMEA、クエン酸、ナイアシンアミド、カプリリルグリコール、ヘキサンジオール、酢酸トコフェロール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PCA-Na、ソルビン酸K、アラントイン、アルギニン、EDTA-2Na

聞きなれない成分が並んでいますが、すべてお肌の潤いやターンオーバーに必要な成分で、余分なものは一切入っておりません。

敏感肌の味方「セタフィル」
セタフィル レストラダムシリーズ
セタフィルレストラダームは、敏感肌用スキンケアですら 合わないあなたのために。天然保湿因子フィラグリン分解産物配合。「洗う・うるおす」の簡単2ステップで、肌のバリア機能を整え、 水分を逃さない健やかな肌へ導きます。60日間返金保証もついているので安心してお試しいただけます。

公式サイトを見る

敏感肌って、どんな状態なの?

敏感肌 セタフィル

「セタフィルレストラダーム ボディウォッシュ」が敏感肌に対して効能が高いと述べましたが、「敏感肌」とはどのような状態のことをいうのでしょうか。

「敏感肌」は、刺激に弱いことでしょ?と想像される方も多いのではないかと思います。実際に、その通りなのですが、正しい知識と原因、また対処法を理解しなくては、「敏感肌」の改善に繋げることができません。

そもそも敏感肌とは

「敏感肌」とは、一般的に問題のないレベルの刺激に対して肌が過敏に反応することを言います。症状として、肌の赤み、ヒリヒリ感、かゆみ、かさつきなどが該当します。

具体例を挙げます。自宅から最寄りの駅まで歩くまでの間、普通に歩いていれば突発的なかゆみやヒリヒリ感などは感じませんよね。ところが、敏感肌の方はそうではありません。外気に触れたり、湿度や温度の急激な変化に肌が対応できず、全身にかゆみやヒリヒリ感を覚えることがあります。

多くの方が何事もないような事象に対して過敏な反応を起こすのが「敏感肌」であり、特徴です。

敏感肌になってしまう原因

では、「敏感肌」をつくる原因は一体何なのでしょうか。原因は大きくわけて3つに分類されます。

  1. 1つ目は生活習慣です。生活習慣には栄養バランスの取れた食事や睡眠が該当します。

    肌はとても繊細である為、食生活不良によって必要な栄養素の不足が生じると、腸内環境の悪化を併発し老廃物の排除ができなくなってしまいます。すると、体内の血液循環不良を起こし、全身への血液・酸素供給がうまくいかず肌トラブルを引き起こします。

    睡眠においては肌のゴールデンタイムとも呼ばれる22時~2時までの間に十分な休息が取れていないと、成長ホルモンの分泌が疎かになり、肌のターンオーバーを阻害します。

    成長ホルモンや女性ホルモンなどの自律神経は、肌のバリア機能の保護や育成に大きく関係する為、決まったリズムで適切な睡眠をとることが大切になります。しかしながら、お勤めされている方で交代制の職業に就いており睡眠時間の定着化が図れない方もいらっしゃいます。その方は、最低限、食生活に気を配り。ビタミンやミネラルなどお肌のターンオーバーにい必要な栄養素を補うようにしてください。

  2. 2つ目は、心身状態です。心身状態には、日常のストレスの程度やホルモンバランスが該当します。

    ストレスの程度が高いと、自律神経の乱れに繋がり、肌のバリア機能の低下やターンオーバーを阻害します。ストレスが、外部からの刺激が原因であれば、ためないようにするのはなかなか難しいので、発散できるような趣味活動や時間を作るように心がけてください。

    心身状態の乱れは、ストレスの程度だけでなく、ホルモンバランスの乱れによっても引き起こされます。特に、女性の場合、ホルモンバランスの乱れが生理周期を乱したり、ストレス値を上昇しやすくなります。そのため、ホルモンバランスを乱さないようにストレスに対しての危機感を持ち生活をするように心がけなくてはなりません。

  3. 3つ目は、加齢による影響です。加齢は仕方がないと思われがちですが、対処できる方法はあります。

    加齢に伴い、肌の膜が薄くなり、刺激や乾燥に対して弱くなり肌トラブルを引き起こしやすいのは事実です。しかしながら、それをわかってされいれば、未然に防ぐことができます。

    セタフィルの商品はすべて保湿性とあらゆる肌トラブルに対応しています。有害物質を一切配合せず副作用の心配性も低いですのでお試しください。

敏感肌とかゆみの関係は?

敏感肌 かゆみ 関係

アトピー性皮膚炎を代表とする敏感肌であるとかゆみや肌トラブルを誘発します。

では一体なぜかゆみを誘発してしまうのでしょうか。また、敏感肌とかゆみの関係性はどうなっているのでしょうか。

分類すると2つに分けられます。

  1. 1つは、体質の問題です。

    受け継いだ遺伝子が肌の薄さや乾燥傾向にあれば、敏感肌になり、かゆみを誘発します。かゆみは、皮膚のこすれや薄さによって程度が変わってきます。

    皮膚の薄い方であれば、その分、外部からの刺激に柔軟に対応できないので、結果としてかゆみを誘発します。また、皮膚が薄いことは、肌を覆うたんぱく質や膜が薄い状態を示唆し、バリア機能が低下していることになります。

  2. 2つ目は、皮膚の薄さや乾燥しやすい遺伝によって引き起こされるかゆみに対して、掻いてしまうことが挙げられます。

    例えば、食事摂取によってアレルギー反応を起こし、皮膚を掻いた結果、皮膚や粘膜を傷つけバリアを破壊してしまうといったケースです。

    肌の強弱にかかわらず、掻くことによって皮膚表面のバリアが破壊されますので、皮膚の弱い方が同様のことをした場合、通常もしくは強い方と比較して、肌へ与えるダメージが大きいこととなります。

健康な肌を保つためには3つの成分が必要

健康な肌 3つの成分

健康な肌を保つためには、肌にとって大切な3つの成分が1つも欠けてはなりません。

そもそも、健康な肌とはいったいどのような状態なのでしょうか。「肌バリアがしっかりしている」、「刺激に対しての保湿を怠らないこと」などが挙げられますが、上記の状態を継続させる上で必要なのが以下の3つの成分になります。

天然保湿因子

1つ目は、天然保湿因子です。別名NMFとも呼ばれています。簡単にいいますと、肌の一番表面にある保湿成分のことです。

肌には、本来の機能として外部からの刺激や菌の取り入れを防ぐバリア機能が備わっています。そこで、この天然保湿因子は肌に取り入れる水分量の調整を行い、肌のターンオーバーを促進します。

身体の中核を担う水分やアミノ酸・糖類の調整をも行う大変重要な因子です。

セラミド

2つ目はセラミドです。セラミドとは、細胞同士や水分を細胞間でつなぐ役割をしています。

もう少しかみ砕きますと、セラミドは水分と細胞間のバランスを取っています。また、セラミドは肌のバリア機能に最も貢献している物質です。

肌は、きめ細かく何層にもなっており、それぞれの層に水分と細胞があります。水分と細胞のバランスがバリア機能を作るということです。

セラミドが少ないと、肌のバリア機能が効率的に働かないため、外部刺激に対しての対応ができず、肌は劣化していきます。肌のバリア機能を良好に保つためには、セラミドが欠けてはなりません。

皮脂・皮脂膜

3つ目は、皮脂と皮脂膜です。皮脂膜とは皮膚腺から分泌された皮脂と汗腺から分泌された汗が肌の表面に広がった膜のことをいいます。

皮膚膜はとても薄く耐久性も低い膜ですが、皮膚の細胞剥離を防いだり、体内への菌の繁殖・取り入れを防ぐ働きがあります。

皮膚膜は、皮脂の分泌量によって形成量が変化します。皮脂の分泌には体内の水分量が大きく関係しており、体内水分量が低ければ皮脂の分泌量が減り皮膚膜の形成ができなくなってしまいます。

皮膚膜の形成不良は、肌のバリア機能を低下させ、かゆみや肌トラブルの原因となります。その為、皮脂と皮膚膜の形成は、肌を良い状態で保つのに必須となります。

敏感肌さんのボディソープの選び方

ボディソープ 選び方

アトピー性肌の方や敏感肌の方にとって、ボディソープの決め方は非常に大切になります。お使いの商品が、肌のバリア機能を低下させている可能性も低くありません。

肌質にあったボディソープの選び方をすれば、肌のバリア機能を維持・または向上させることも可能です。では、どのような点に着目してボディソープを選べばよいのでしょうか。

ご説明します。

敏感肌・乾燥肌には弱酸性の低刺激タイプがおすすめ

アトピー性肌、敏感肌の方には弱酸性の低刺激タイプのボディソープがおすすめです。

肌トラブルの原因となる乾燥や外的刺激を取り除く事が最優先になります。肌の汚れを落とそうと強刺激のものを使用すると、肌のバリア機能が低下し、かゆみを引き起こします。強刺激の代表例としては、内容成分に「合成界面活性剤」の記載がある商品です。

「合成界面活性剤」は、アルコールや石油を材料として形成されており、肌の汚れを落とすことに特化した成分となっています。その為、肌トラブルを起こしやすい肌にとっては刺激が強すぎるあまり皮膚の表面を傷つけてしまうのです。

また、「合成界面活性剤」を使用している商品は、比較的安価で販売されています。石油やアルコールは、人的なサポートをせずとも生み出せますので安価での販売が可能となっています。

対して、低刺激性のボディソープには「天然系合成活性剤」との記載がある商品が多いです。購入する際に、内容量成分を確認することで、刺激性の強弱の判断が可能となります。

保湿成分配合のものが理想的

アトピー性の肌の方や敏感肌の方には、保湿成分が豊富な品を選ぶことをおすすめします。

保湿成分の有無は、洗体後の乾燥の程度や水分含有量に大きく影響します。保湿成分の代表例を挙げると、セラミドやホホバオイル、ヒアルロン酸などです。質の堅い商品には必ずと言っていいほど上記の成分が含有されています。

保湿成分高い商品を使用すると、洗いあがりがしっとり滑らかになります。

注意
カサカサしたりかゆみを生じた場合は、肌に合っていませんので、すぐに使用を中止してください。

かゆみが出るようなひどい乾燥肌には薬用ボディソープ

敏感肌の方の中でも特に肌が弱い方の場合は「薬用」と書かれたボディソープを使用するとよいです。薬用ボディソープの多くは、医学的知識や根拠をもとに製造されていますので、肌の敏感な方専用に開発された商品だと捉えて下さい。

お値段は他商品と比較して高くなってしまいますが、肌ケアのことを最優先に考えると使用したいですね。また、薬用の中でも成分内容は異なりますので、保湿力の程度や強刺激の物質が含有されているのか否かは確認が必要となるでしょう。

敏感肌におススメのボディソープはこちらから>>

敏感肌さんは要注意!からだの洗い方のポイント

敏感肌 体の洗い方

前提として、優しく洗うことが大切です。肌に対しての負担をかけてしまうと、いくら質の良いボディソープを使用しても台無しになってしまいます。

弱酸性のものや保湿力の高い商品を購入した後も商品の質に頼るのではなく、自身の注意深さを磨いていかなくてはなりません。

例えば、ボディタオルの硬さはどうでしょうか。汚れを落とすことに着目して硬いものを選んではいませんか?硬いボディタオルは、汚れを落とすのと同時に肌のバリア機能を低下させています。

そうなると、敏感肌の方にとっては致命的です。外部からの刺激を極力避けるために、柔らかいボディタオルを使用するか、場合によっては手で洗うのも良いこともあります。

低刺激且つ商品の質にこだわれば、敏感肌の方でも安心して洗体ができます。

敏感肌と上手につきあうには

肌との付き合い方

敏感肌とうまく付き合っていくためには自身の覚悟と肌に対しての理解が必要不可欠です。自身の身体にどのような製品が合うのか,また、どのような洗い方をすれば乾燥せずにいられるのかなどわかっていなければ、対処ができません。

皮膚に関しての専門家である皮膚科医や薬剤師に相談して薬用のボディソープを使用したり、製品の質にこだわりをもち、内容成分の確認をするなど対処方法はたくさんあります。また、ネット上でも同じような悩みや相談をして回答が得られている記事などもありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

敏感肌のスキンケア3つのポイント

毎日のスキンケアはどうしても楽をしがちですよね。市販のペーパーで拭いたり、たまたまそばにあった商品を使用したりとなってしまうものです。

しかし、毎日行うことだからこそ、気を付けなくてはなりません。敏感肌の方がスキンケアを行う際のポイントをご紹介します。

  • スキンケアアイテムにこだわりを持つ

    スキンケアアイテムもボディソープ同様、質を重視する必要があります。

    余分な成分の含有や、汚れを落とすことに特化したものになっていないか確認をしてください。もちろん、洗顔後のアフターケア商品にも着目しなくてはなりません。保湿力の高い化粧水や保湿クリームを選ぶようにしましょう。

  • マスクの使用に注意

    風邪の予防や、急な外出時にマスクを着用する女性の方も多いですが、肌が敏感な人にとっては、マスクの繊維が肌にこすれることによって、かゆみや肌荒れを起こす可能性があります。

    外部からの刺激を極力避けることが絶対条件となりますので、マスクの着用には十分に注意してください。どうしてもしなくてはならない場合は、事前に保湿力の高いクリームやローションを塗布して肌のバリア機能を守ってください。

  • 洗顔は適度に

    洗顔は一見、汚れや皮脂汚れがスッキリして清潔になるイメージがありますが、やりすぎてしまうと必要な油分まで洗い流してしまうため、逆効果になってしまいます。

    就寝中が肌のゴールデンタイムであることから、入浴時や就寝前には洗顔ホォームで洗い、起床時は、ぬるま湯で洗う程度でも十分です。また、洗顔後も同様にローションやクリームを使用して、肌の表面にバリアを張るようにしてください。

生活習慣改善のポイント

生活習慣でのポイントは、睡眠と食事(栄養)です。ゴールデンタイムの就寝で肌のターンオーバーを促進させて下さい。また、体内に老廃物をため込まないよう食生活を見直す必要性があります。

ビタミンやミネラルは肌の再生や老廃物排出に欠かせませんので、栄養が不足している方はサプリメントの服用などで対応してください。

日常生活のポイント

自身の肌と向き合うための日常での注意点は摩擦などの外的刺激を加えないことが大切になります。

不用意に体に触れないことや、かゆみを感じたらローションやクリームをつけ掻かないことです。また、マスクの着用や手袋など空気の循環が悪い状態のまま長時間いるのも避けるようにしましょう。

自身に合った製品を常に携帯しておくと便利ですよ。

乾燥肌対策を一刀両断 うるおうボディケアはどれ?

乾燥肌 ボディソープ 比較

乾燥肌などの繊細な肌に適した身体の洗い方で適切なのはどのような洗い方なのでしょうか。

ボディケアといってもボディウォッシュを使用することだけが正解とは限りません。それぞれの良い点・悪い点を比較して述べます。

ボディソープVSお湯洗い

ボディソープといっても幅広く、どのボディソープを使用するかによって異なりますが、弱酸性のものを使用するのであれば、肌への負担も少なく身体を清潔にできますのでお湯洗いと比較して良いといえます。しかしながら、強刺激性のものを使用して肌の悪化を引き起こすのであれば、お湯でマイルドに洗体したほうが身体にとっての負担が少なくて済みます。

ボディソープVS固形石鹸

こちらも使用する商品によって大きく異なりますが、肌の弱い方にとっておすすめなのはボディソープです。

固形の石鹸は液体タイプと比較すると洗浄力が強く作られていることが多いです。固形を保持するのに使用されている成分がヒリヒリ感を与える原因になることもあります。

あとは好みの問題にもなりますが、身体への負担で述べるのであればボディソープをおすすめします。

Q&A

敏感肌で長年苦しめられている方や、様々な疑問が生まれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際に、敏感肌の方々が抱える悩みや疑問をまとめました。1つずつお答えしていきます。

かゆみがあるとき、気をつけることは?

かゆみを感じた際は、掻いてはいけません。

掻くことで体表面を傷つけてしまい、敏感肌のである方の肌をさらに傷つけてしまいます。ローションやクリームでしっかり保湿し、乾燥から肌を守ってください。


しっしんがあるとき、温泉につかっても大丈夫?

炎症症状が強く、赤みを帯びている場合は入浴を控えて下さい。

温めると、血液循環がよくなるため、炎症を悪化させてしまします。かゆみが収まるまで冷やすのが得策です。


お風呂あがりのスキンケアのポイントは?

しっかりと保湿をしてあげることが大切です。

そのままにしておくと肌の乾燥を助長させ、肌トラブルの原因となります。保湿性の高いスキンケア商品がおすすめです。


薬とスキンケア製品の使い分けは?

基本的には、併用していただいて構いませんが、スキンケア商品を使用した後に薬を使用してください。

また、スキンケア商品が肌になじんでから使用すると、なお効果的ですよ。

まとめ

敏感肌の方は、外的刺激を避けたり、睡眠・食事などの生活習慣に気を配り、ご自身にあったボディ製品・スキンケア商品を選ぶことが大切です。

製品は多く流通してますが、「セタフィルレストラダーム ボディウォッシュ」は、使用中はもちろん、アフターケアにもこだわり抜いた非常に優れた商品です。何を使用していいかわからない方はまず初めに試してみるのをおすすめします。

しかし、使用感には個人差がありますので、全での方におすすめできるわけではありません。自身に合った商品が見つからなかったら、専門医に相談し、症状に合った薬を処方してもらいましょう。

記事を読んでくださった方々の、敏感肌や肌トラブルでのお悩みを解決する力になれていたら、大変嬉しく思います。


敏感肌の味方「セタフィル」
セタフィル レストラダムシリーズ
セタフィルレストラダームは、敏感肌用スキンケアですら 合わないあなたのために。天然保湿因子フィラグリン分解産物配合。「洗う・うるおす」の簡単2ステップで、肌のバリア機能を整え、 水分を逃さない健やかな肌へ導きます。60日間返金保証もついているので安心してお試しいただけます。

公式サイトを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です